ITエンジニアってボードゲーム好きが多いですよね!

最近は家にいることも多いので、家族で楽しめるゲームを探していました。

先日、小学生の息子が学校で流行っているゲームがあると教えてくれたんです。

その名も、ジャマイカ!

算数の授業でも取り上げられている計算ゲームなんですよ。

Amazonで1,000円くらいで購入できるし、これで計算が得意になればいいですよね。

息子におねだりされたので買ってみました。私も頭を使わないと脳の老化が進みそうなのでね・・。

ルールがわかりやすく、頭を使う脳トレゲームなので、小学生だけでなく大人も一緒になって夢中で遊びました。

論理的思考が鍛えられるのでボードゲーム好きのエンジニアの方にもおすすめですよ!

ジャマイカとは?

サイコロで出てきた数字を計算して指定された値を作るゲームです。

ハンドスピナーのような形で白と黒のサイコロがついています。

真ん中だけ普通のサイコロに10倍した値が書かれていますね。

ジャマイカのルール・遊び方

ジャマイカを手のひらに乗せて、くるくるとこねるようにサイコロを回します。

テーブルの上にバシッと置いたら、その時に確定した目でゲームを開始します。

2個の黒いサイコロの合計値になるように、5個の白いサイコロを四則演算(たす、ひく、かける、わる)をしていきます。

白のサイコロはそれぞれ1回しか使えませんよ!

計算例

白いサイコロの4・2・4・3・4を使って、黒いサイコロの合計値10+2=12になるように計算式を考えていきます。

例えば、4×2×4=32、32+4=36、36÷3=12というような感じです。

大人も子供も楽しめるサイコロ計算ゲーム

子供と一緒に対戦してみたら白熱した試合で盛り上がりました。

小学4年生にもなると暗算でできてしまうんですね。私は紙がないと解けなかったです。

ダイソーでも人気の電子メモパッドがあると便利ですね。

ITエンジニアの方にもぴったりの計算ゲームです。