WordPressでブログを始めるために読んだおすすめの本を紹介します。

Googleで検索すれば分かることもあるけど、やっぱり本を読んだ方が知りたいことが一つにまとまっているのでいいですね。

はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]

この一冊でドメインとサーバを借りるところから始まって、WordPressのインストール手順、最低限必要なプラグインの設定、記事の投稿まで一通りのことができました。

WordPressのテーマは「Nishiki」です。無料だし、画像が映えるので気に入っています。

「おしゃれなカフェ風のサイトを作る」ような本が多い中、ブログを作るための本になっているので、これだ!と直感で購入したら大正解でした。

WordPressブログの入門書です。

WordPressの達人が教える 本気でカッコよくする WordPressで人気ブログ

WordPressで記事が書けるようになってくると、見出しやレイアウトを変えて個性を出したくなってきますよね。

本書を読みながら手を動かしていくと、自分が理想としていたブログの外観に近づけることができました。

ブロックエディターをなんとなく雰囲気で使っていたけど、各ブロックの使い方が詳しく載っているので、正しい知識が身につきました。

テーマ「yStandard」を使ったブログの作り方を紹介していますが、使っていなくても問題ないです!

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版

こちらはブログ投稿よりも企業やお店のWebサイトを作る人に向いているのですが、写真がカラーで載っているので見やすく、丁寧な解説なのでおすすめです。

テーマは「Lightning」を使って解説を進めていきます。

「はじめてでも、挫折しません。」と言うだけあって、Amazonではベストセラー1位の人気の書籍です。

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 

アフィリエイトはあやしいイメージを持っていたのですが、本書の評判を聞いて読んでみたら完全に考えが変わりました。

ブログ記事の書き方や題材の選び方などがとても参考になりました。質が高いからこそ稼げるんですね。

著者のブログを拝見しましたが、文章が読みやすく、デザインがポップでかわいいです。女子力が高くて、読む人の心を惹きつけます。

自分がブログで稼ぐのは遠い夢ですが、人に読まれることを意識して書いていくことにします。

ブログ飯

これまで紹介した本ような技術的な話ではなくこちらは「読み物」です。

おこづかい稼げたらいいなーなんて軽い気持ちで読み始めたら、読み終えるころにはどっと疲れてしまいました。ブログだけで食べていくには並大抵の努力じゃ不可能ですよねー。

粘り強い心、知識のインプットとアウトプットを繰り返すこと、家族の支えが大切です。

まとめ

WordPressを始めたばかりの私がブログを運営するのに役立った本をご紹介しました。これから始める人の参考になれば幸いです。

もっと勉強してブログ書いて中級者向けの本が紹介できるように発信していきます!